ヒーリングを通してメッセージを伝える。

パグのサラちゃん。
筋炎という病気と向き合っています。
物が上手く飲み込めずに誤嚥性肺炎を起こして入院していました。 「どんな時も全力で応援しているよ!」
メッセージを伝えて欲しいとご依頼をいただいた時、レイキヒーリングを送らせて欲しいと提案させていただきました。
入院している間、ヒーリングを送り、サラちゃんから伝わって来た事をお伝えしました。

とても苦しい状況なのに、サラちゃんはいつも大好きなお兄ちゃん達を想っていました。
笑顔を思い出していました。
いつも側で成長を見守って来たのはご家族もサラちゃんもお互いそうだったんだよね😌

1週間、入院をして頑張ったサラちゃん。
大好きなご家族のもとに帰って来ました。
通院、治療は続きますが、ご家族一丸となってサラちゃんを応援しています。
私も応援しています😊

サラちゃん、ヒーリング受け取ってくれてありがとう😊

体調が優れない時。

アニマルコミュニケーションのご依頼をいただくことがあります。

動物達の体調をお伺いして場合によってはレイキヒーリングをお勧めする事があります。

ヒーリングによって氣の流れを整えつつ、ヒーリング中に伝わる感情や体感をお伝えする事ができるからです。

勿論、アニマルコミュニケーション、ヒーリング、ダブルでお受けする場合もありますが、どちらが良いのか?判断に迷われた時はお気軽にご相談下さいませ。😊

フォローお気軽にどうぞ

未分類