アニマルコミュニケーション〜ずっと大切にして来た家族への想い。あずき君

ポメラニアンのアズキ君、15歳の男のコ。
アニマルコミュニケーションのご依頼をいただきました。
あずき君とは何度かお話しさせていただいていますが、彼にはずっと変わらない強い想いがありました。

ママが僕にとって大切な存在であるように、僕もママにとって圧倒的に強い存在でありたい。
小さな身体から発する強い想いがそこにはありました。

「在る」という事。
私達命ある存在は、この世に生まれた時点で既に誰かの大切な存在になっているのです。

年齢と共に身体や氣持ちの変化はありますが、大切な存在に対する想い。は変わらないよ。
そんな風に教えてくれました。

私達にとって彼らが大切な存在であるように。
彼らにとっても私達飼い主は大切な存在なんだ。
ふと感じた視線の先にはそんな想いを伝えているのかもしれません😌

セッションを重ねるごとに、毎回新たな氣づきがあり、考えさせられます。と、飼い主さんがおっしゃっていました。
それは動物達は普段から誰よりも飼い主さんの事を見ているから。
きっと1番の理解者なんだと思います。

これからもママの1番の理解者でいてね。😊
大切な想いを教えてくれて、ありがとう。
大切なあずき君とお話しさせていただき、ありがとうございました😊 ・


#犬#犬のいる暮らし
#ポメラニアン
#あずき君
#アニマルコミュニケーション
#アニマルコミュニケーションsakura
#ありがとうございました😊

shino☺︎

フォローお気軽にどうぞ