幸せのカタチ

こんにちは。アニマルコミュニケーター渡邉忍です。

チワワのシャビ君 14歳の男の子
レイキヒーリング、アニマルコミュニケーションのご依頼をいただきました。

シャビ君とお話しするのは2回目。
物事の考え方や捉え方が哲学的で、表現するのが難しいほど。
シャビ君はここの所体調が思わしくなく、今の氣持ちや体調を知りたいとセッションのご依頼をいただきました。

シャビ君の強い目力やエネルギー、自信に満ち溢れる言葉には、飼い主さんへの「揺るぐことのない信頼感」が感じられました。
どんな時も自分の事を考えてくれて、シャビ君にとって何が最善か?を考えすぐに行動にうつしてくれる飼い主さんを「信頼しているよ。」
と話してくれました。

治療やお留守番の多い生活で毎日幸せ?
と心配する飼い主さんに
「何かをしてもらう」ことが幸せなわけじゃないよ。とシャビ君が感じる「幸せ」のカタチを教えてくれました。
シャビ君の思う幸せは、飼い主さんとの「嬉しい」「楽しい」を共有すること。飼い主さん感じる氣持ち共有することなんだと教えてくれました。

セッションを受けて少し「安心しました」
治療に関しても「より前向きに頑張ってゆける」と話してくださいました。😊 それぞれの「幸せのカタチ」
シャビ君と飼い主さんとの「幸せのカタチ」
をこれからも沢山作って下さいね。😌 大切なシャビ君とお話しさせていただき、ありがとうございました😊

フォローお気軽にどうぞ

未分類